セコム琉球株式会社 / SECOM

0120-157-222

トピックス

第41期定時株主総会並び取締役会開催(6月20日)

当事業年度は「信頼される安心を社会へ」という新しい時代に即したコーポレートメッセージの実現に向け、セキュリティ事業全般に積極的に営業展開してまいりました。結果として主力であります企業向けの機械警備及びホームセキュリティの件数が順調に推移し、またカメラなどの防犯関連商品の売上も増加するなどの要因により、増収増益の決算となりました。 
当事業年度(2007年4月1日~2008年3月31日)の業績(単体)
総売上高 22億4,186万円 前年比6.1%増加
営業利益  2億6,909万円 前年比6.7%増加
経常利益  2億4,693万円 前年比4.3%増加
当期利益  1億4,197万円 前年比3.8%増加                                                             
                 
今年度の取り組み
今年度は当社の創立40周年の節目であり、全社をあげてその意義を共有し、「真価と進化」を図る年度としたく、創立40周年イベントとして地域への貢献活動を企画しております。
・那覇新都心エリアでの防犯パトロール参加
・こども安全教室の開催(サンエー那覇メインプレイス内)
・各事業所周辺における継続的な清掃活動やチャリティーイベントの開催等
  
役員人事について(取締役全員が任期満了により改選)
代表取締役社長       浦崎 唯彦   (再任)
常務取締役          真喜屋 実範  (再任) 
取締役 (経営管理部長)   有村 義輝   (再任) 
取締役             安次嶺 睆    (再任)   
取締役             高良 典正    (再任) 
取締役             木村 昌平   (再任)
取締役             原口 兼正    (再任)
監査役             知念 良和    (留任)
監査役             伊東 孝之    (新任)
  
取締役相談役の久場英昭は任期満了により退任。
監査役の佐藤興一はセコム上信越㈱の代表取締役就任予定のため辞任。